簡単なスポンジケーキの焼き方

昨夜は鼻水が止まらず、30分に1回ずつくらいあふれ出る鼻水を拭きに起きました。

どうせならお金があふれ出てきてほしい。

どうも、copiです。欲にまみれた悪い私。

今回は初めて、お菓子作りに触れようと思います。

じつは、元々本業(わずかな期間のみ)でしたが今は趣味以下です。ははは。

毎年、旦那、ちび上、ちび下の誕生日ケーキ、そしてクリスマスはだいたい私がケーキを作っています。(なんだかんだ理由を付けて焼かないときもあります(笑))

そしてついに今年も我が家の誕生日ラッシュが近づいてきてるんで、ようやく重い腰をあげたところでございます。今回はなににしよう・・・

そう、魔の9月・・・。

ちび上、ちび下、そして私の誕生日。(いや、私はどうでもいい)

一気にまとめてちびズのお誕生日会をやるんですが、ケーキはそれぞれなんです。

つまり、1回の誕生日会なのにケーキは2つ。なんじゃそりゃー(笑)

おととしは下が小さかったので上の子の希望の物だけでした。

希望がなければだいたいショートケーキにデコレーションなのでたいていスポンジ生地を焼きます。(ちび上はチョコ好きなのでガトーショコラ、チョコタルトと続いてます。)

今回はそのスポンジケーキをご紹介

学校で習うような、簡単なスポンジケーキです。それではどうぞ!

材料 直径18㎝型1台分
  • 全卵 200g
  • グラニュー糖 100g
  • 薄力粉  100g
  • バター 25g

シンプル。とってもシンプル。

なので比較的作りやすいと思うんです。

では作り方を。

準備

粉をふるう。

型にクッキングシートを敷くかショートニングを塗ってから薄く粉を付ける。

バターは湯せんにかけて溶かしておく。(熱が伝わりやすいのでステンレスボールに入れるのが〇)

オーブンは180℃に予熱しておく。

作り方 手順

①卵をボールに割り、溶きほぐしたらグラニュー糖を入れる。

  • 温めたいのでステンレスボールだとよい。ここではまだ泡立てなくて大丈夫!

②60℃くらいの湯せんにかけながらホイッパーで混ぜ、人肌強くらいまで温める。

  • 温めた方が泡立ちやすい。沸騰したお湯にかけると卵が固まってしまうこともあるので注意!卵焼きになっちゃう!

③温まったらハンドミキサーで一気に泡立てる。

  • もちろんホイッパーで立ててもok‼ただし結構大変!

写真を写真で撮ってます。ふ、古い…

④ホイッパーをもちあげて、リボンの形を描いてみる。10秒くらい形が残っていればok!

⑤薄力粉を加える。素早く合わせる。2人いれば1人がいれて1人がゴムベラで混ぜ合わせる。

  • ここは素早く混ぜ合わせ気泡に粉をコーティングするイメージで。1人の場合は粉をまとまらないように分散させて入れるとよい

⑥混ぜ合わせた⑤を少量取り、溶かしてたバターと合わせる。

  • 少量取らずに⑤自体に一気に入れて混ぜ合わせてもできるが、バターが重くて沈みやすいので生地を混ぜすぎてしまうのでこの過程を入れると生地が死ににくい。

⑦ ⑥を⑤へ戻し入れ、全体を下からすくうように優しく混ぜ合わせる。

⑧型へ流し込み、15㎝くらいの高さから型を落として余計な空気を抜く。

⑨180℃で20分ほど焼く。

  • オーブンによって温度や時間に差が出ることがあります。必ずこの温度、時間で焼けるわけではありませんのでご注意ください。

⑩表面を軽く指で押し、戻ってくれば焼き上がり。心配ならば竹串をさしてみて何もついてこなければok。

あやしいと感じればまたオーブンへ入れ時間を足してみてください。

焼けていればまた10㎝くらいの高さから軽く落として焼き縮みを防いでください。

そして型から出して冷まします。完全に冷めてからの方が切りやすいですよ 🙂

基本的にこれで焼けます!

こんな感じになります。ポイントはいくつかありますが、やってみるとそんなにむずかしいことはないかと思います。

ふくらみが足りなかったときは、卵の泡立てが足りない粉とバターを入れてから混ぜすぎているor混ぜが足りない、などの原因が考えられます。

このレシピのほかに、牛乳を入れるものだったりはちみつをいれるものだったり、ケーキ屋さんによってはいろいろアレンジされたものになってたりもします。

だから本当、ケーキ屋さんそれぞれ味や食感が違ったりするんですよね♪基本だけど奥深い。

このスポンジケーキが焼ければショートケーキもすぐ作れる✨ように!

他のケーキだってこの生地が中に入ってることもあるんですよ~。

よかったら次のお子さまや彼の誕生日、クリスマスやひなまつりなどのイベントに、ぜひ作ってみてくださいね~♡

お読みいただきありがとうございました🍉

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする