おいしい紅茶の入れ方

なんだかこないだまで暑かったのがウソのように涼しくなってきましたね💦

こんにちは、copiです。

私の今の仕事柄、コーヒーや紅茶を入れる機会があります。

コーヒーは機械でいれるものなのですが、紅茶は自分でいれてます。

お客様にお出しするものなので、できるだけおいしいものを入れたい!

コーヒーや紅茶においしく入れる方法があることは知っているのですが、実際出来ているのかはちょっと不安。

結構前に勉強したものだから、もしかしたら間違えてるかもしれないし。

ってことで、自分の復習もかねて、みなさんにもご紹介しまーす✨

今回は紅茶のお話。

おいしい紅茶が入れられたら、来客の方にもおいしい紅茶をお出しできますしね!

これから寒くなりますし、自分のティータイムにもおいしい紅茶をどうぞ!

簡単に。紅茶とは・・・

紅茶が誕生したのは中国。そこからヨーロッパへ渡り、初めて日本に来たのは1887年のことだったそうです。

紅茶は数ある「お茶」の中の1つです。簡単にいうと茶の葉を乾燥発酵させたものです。

紅茶、ウーロン茶、緑茶は全て同じチャノキの葉からできますが、製造の方法が少し違います。紅茶の製造法はこちらを参考に。

紅茶は完全発酵茶、ウーロン茶は半発酵茶、緑茶は不発酵茶となっています。

発酵の度合いが高くなるにつれ味や色味も変わっていくんですね。

それぞれのお茶には効果効能に差があるようですよ。

例えば、脂肪吸収しにくい効果が高いのはウーロン茶、カテキンの効能は緑茶が高い、などですね。

紅茶の入れ方

さて、紅茶の入れ方を。

茶葉で入れる場合と、ティーバッグで入れる場合、少し違いがあります。

リーフティーのおいしい入れ方

やかんに汲みたての水を入れて、火にかけ沸騰させます。5円玉くらいの泡がボコボコ出ている状態が目安です。

蒸らす時間は、細かい茶葉は2分半~3分、大きい茶葉は3~4分が目安です。(ミルクティーのときは、やや長めに)その間ポットにティーコジーやティーマットを使うとさらに保温効果が上がります。おいしい紅茶をいれるには、温度を下げないことがポイント。

紅茶をいれる前に、まずポットとカップにお湯を注ぎ、全体を温めておきましょう。

ポットの中を、スプーンで軽くひとまぜ。

温めたポットに、ティースプーン1杯(2~3g)を1人分として、人数分の茶葉を入れます。細かい茶葉は中盛、大きい茶葉は大盛にするのが目安です。

茶こしで茶ガラをこしながら、濃さが均一になるようにまわし注ぎしましょう。”ベスト・ドロップ”と呼ばれる最後の一滴まで注いでください。

沸騰したてのお湯を人数分注ぎ、すぐにフタをして蒸らして下さい。この時、沸騰したお湯を勢いよく注ぐのがコツ。(1杯分150~160mlが目安)

紅茶の入れ方 日本紅茶協会 より

汲みたての水は空気を多く含んでいて紅茶向きだそうです。沸騰したものをすぐに使用すると紅茶の香気成分がよくでるとのこと。

ティーバッグの場合は、

1袋でカップ1杯分。お湯を注いだらソーサーなどで蓋をして1~1分半蒸らしましょう。

これで家でもおいしい紅茶が入れられますね♡

肝心の私の入れ方はというと・・・大丈夫。合ってました✨

でもうっかり汲んでから時間が経った水は使わないように注意しようと思います。

1時間前に入れてそのまままた沸かす…なんて避けた方がいいんですね!気を付けよう。

ちなみに世界三大紅茶って知ってます?

私は今回この記事を書くためにいろいろ調べていたことで初めて聞きました。

「ダージリン」「ウバ」「キーマン」の三種。

美しい紅茶に必要とされる味・香り・色を満たしているから高級品として扱われているんだそうです。

ダージリン

インドのダージリン地方で作られる紅茶。香りが素晴らしく(マスカットの香りだそう)それを楽しむためにストレートで飲むのが基本。「紅茶のシャンパン」とも呼ばれているそうです。

ウバ

スリランカで生産される紅茶。スリランカ産の紅茶は一般的にセイロンティーと呼ばれます。その中のバラのような香りをもち、ウバフレーバーと呼ばれているのがウバです。

キーマン

世界最古の紅茶産地として知られる中国の安徽省(あんきしょう)で生産され、「キーマン」「キームン」と呼ばれています。「中国茶のブルゴーニュ酒」として知られ、良質なキーマン茶はストレートで飲み、色や香り、風味を楽しむのがおすすめ。

ダージリンは結構一般的な感じがしますが、キーマンは初めて聞きました。

気になるなぁ…機会があれば飲んでみたいと思います!

紅茶はそのまま飲むのはもちろん、いろいろアレンジしても楽しめる素敵な飲み物ですよね!

まだ出会ったことのない種類の茶葉がいっぱいあると思うと飲み比べてみたいと思うものですねー。

自分のオリジナルのアレンジとかもできたらいいなぁ・・・。

みなさんは何かお気に入りのフレーバーはありますか?

これからも紅茶について勉強してみたいと思うcopiでした。

今回もお読みいただきありがとうございました🍵

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする